白内障の手術を考えているが、その方法も多焦点眼内レンズなど、いろいろあるようだ。できれば最新のレーザー白内障手術を受けたいと考えている。私はこれからも読書を楽しみたいので、本を読んでも疲れにくい目に戻れると何より嬉しいのだが。
http://www.cataract.co.jp/

昔は一日一冊のペースで読んでいた。ちょっとした空き時間も電車の中でもよく読んだ方だが、今電車の中を見回してみると本を読んでいる人よりもスマホを操作している人が圧倒的に多いですね。電子書籍やタブレットなどでは本のデータが何冊分も持ち歩けるので便利だろう。

さて、昨日は知り合いが遊びに来ていて久しぶりに美味しいワインを開けた。世代が違う人たちとの交流は楽しく、勉強になることも多い。そして私自身も自分が今まで読んできた本、そして映画の中からその人に必要と思われる作品を紹介できるのも楽しみである。そういうものを自分で探し当てるのも勉強のひとつだろうが、これだけの数が生み出されている昨今ではあまりに時間が足りなくなってしまう。そして私自身も若い人のためになるであろう良い作品はできるだけ伝えていって繋げていってほしいと思っている。

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2012 キャピタリズム(資本主義)を考える。 Suffusion theme by Sayontan Sinha